癌と共に~フーテンのパパちゃん~

大好きな父が癌になりました。クジラを見に行く日を夢見て。

胃がん~発覚~

癌に対して無知だった

 

でもこんなにアッサリ告知するものなの?

f:id:hikaru-ko:20200414234416j:plain

-2018年 5月-

 

検査の後、先生に呼ばれた。

父もいる前で

「胃に腫瘍ができています。そこから出血していますので、輸血を行います」

アッサリ、告げた。

 

「え・・・それって」と戸惑う私たちに

「はい、胃がんです。それも小さくないでしょう」

 

目が点になった。

 

いや、今は本人への告知義務があるといっても

こんなにいきなり言うものなの?

 

 

感情がもろい姉は泣き出した。

 

私は信じられない、という思いで一杯だった。

 

 

今までずっと心臓で病院へ欠かさず通っていたので

なにかあれば、血液検査などで分かると

勝手に思い込んでいた。

 

「検査は受けてましたか?」という医師の問いに

「・・・受けていません」と答えながら

自分を殴りつけてやりたかった。

 

そう、心臓ばかり気にかけていて

がん検診などずっとしていなかったのだ。

 

胃にできている腫瘍はかなり広範囲らしく

おそらく摘出になるだろう、と言われた。

「ここまで大きくなるのには、数年かかってますよ」

とも言われた。

 

胃カメラさえうけていれば、わかったのだ。

 

検診の大切さを今頃知っても

 

遅かった