癌と共に~フーテンのパパちゃん~

大好きな父が癌になりました。クジラを見に行く日を夢見て。

在宅看護~リフレイン~

パパちゃんの中で

孫もいつまでも幼いまま

 

もうおじいちゃんの背を追い越しているよ

f:id:hikaru-ko:20200429101431j:plain

-2020年 4月下旬-

しばらく姉の子どもがうちへ泊っていた。

 

学校も部活も休み。

暇で暇で仕方がない。

 

今は私も休みで家に居るので

数日お泊りになった。

 

一番歳下になるのだが

中学校でぐんぐん背が伸び

気づけばうちの子より大きくなっていた。

 

男の子の成長スピードは著しい。

 

普段部活がとても忙しく

なかなか会う機会もないため

パパちゃんは大きくなった孫が

今いちピンとこないようで。

 

不思議そうに顔をみては

「大きくなったなぁ。誰か分からん」を

何度も繰り返した。

 

小さな小さなイメージがあるのだろう。

 

そのたびに照れ笑いしていたが

あまりに繰り返すので苦笑いになっていた。

 

歳もあるのだろうが

さっき言ったこと

約束の日時などが

どうしても覚えきれない。

 

なるだけ新聞やカレンダーで

「今日は○○日だね」と

意識して話しかけるようにした。

 

まあ、私も今日が何日かよくわからなくなるけど・・・

 

繰り返し繰り返し聞かれることも

以前ならイライラしていたことだろう。

 

でも今は穏やかに聞けるようになった。

 

仕事をやめ

時間的に、精神的にゆとりができたことが

大きいことに改めて気づかされる。

 

 

子ども達は

何も言わなくても

パパちゃんを気遣ってくれているのが嬉しかった。

 

取りたてて優しくする、というのではないが

きつそうにしていたり

移動するとき、お風呂に入るとき

気にかけてくれているのが分かる。

 

男の子らしい優しさだ。

 

孫は全員男だ。

娘がいないので華やかさにはちと欠ける(笑)

 

それでも

男の子が側にいてくれるのは

私としても心強かった。