癌と共に~フーテンのパパちゃん~

大好きな父が癌になりました。クジラを見に行く日を夢見て。

在宅看護~外来受診~

退院後初の外来

寒かった空気が初夏に変わっていた

f:id:hikaru-ko:20200501215146j:plain

-2020年 4月下旬-

やはりしんどさは変わらず。

 

病院のロータリーでパパちゃんだけを降ろし

駐車場に停めた後急ぎ院内へ。

 

午後から仕事が休みだった一番上の姉が

病院へ来てくれた。

 

車いすに乗って待合室にいると

臨床心理の先生が。

 

緩和ケアの病院へ来る前に

総合病院で心臓の増帽弁のクリップ施術をしたのだが

その時の循環器担当が、とても可愛らしくて

一生懸命な女性のドクターで。

なんとそのご主人が、臨床心理の先生!

 

ご縁というのは本当に不思議。

 

またこの先生が奥様と雰囲気も似ていて、とにかく優しい。

入院中もとても気がけてもらっていたとのこと。

 

そうこうしていると看護師さんが呼びに来て

体重を量りに行った。

 

41.5kg!

入院時は39kgだったから、順調に増えてる♪

かといってむくんでいたら困るんだけど。

 

その後先生に呼ばれて診察に。

ご飯が食べれていることを伝えると、満面の笑みで喜んでくれた。

 

とても嬉しい。

先生自身の温かさも

パパちゃんへの気遣いも感じられる。

 

でも貧血をとても心配された。

体がしんどいのも、貧血から来ているとのこと。

 

輸血を提案され、お願いすることにした。

すぐに手配され、明日午後から再来院することになった。

 

今はコロナの影響で献血も少ない中

とても有難かった。

 

輸血をすれば少しは元気になるのかな。

なるといいな。

気持ちも少しは上向きになるだろう。

 

帰り際、姉が手作りしてくれた、

お惣菜をたくさん持たせてくれた。

 

どれもパパちゃんが好きなものばかり。

手が込んでいて何種類も作ってあった。

 

こういう細かいとこや、料理上手は長女ならではだ。

私は到底マネできない。

 

たくさんの美味しいお土産と一緒に

家へと帰った。

 

ちょっとの外出なのに

息が上がるほど疲れてしまっていた。

 

明日の輸血で、体が楽になるといいね。