癌と共に~フーテンのパパちゃん~

大好きな父が癌になりました。クジラを見に行く日を夢見て。

胃がん~手術へ~

手術室へ向かう直前

病室の窓からドクターヘリが見えた

 

パパちゃんも手術へテイクオフ

f:id:hikaru-ko:20200505091852j:plain

-2018年 6月末-

朝から病室へ。

ひょうひょうとしたパパちゃん。

今までも心臓で色んな経験をしているので

あまり怖いといった感じはないようだ。

 

ここの病院では、手術室へ向かうエレベーターでお別れとなる。

あまり実感がない。

前の病院は、手術室の前で見送ったので

本当に怖かった。

 

「んじゃまあ、行ってらっしゃい♪」と

笑って見送る。

パパちゃんも笑顔で手を振って行った。

 

時間差で姉たちが到着した。

待っている間、姉妹がいることは心強い。

あ。そういえば主人もいたような。

 

とにかく無事に終わりますように。

癌がキレイに取り除けますように。

心臓に負担がありませんように。

 

ひたすら祈る。

 

 

 

 

予定していた時間で先生が呼びに来られた。

実際に摘出した胃と癌の部位を見せられた。

なんだかしわくちゃで、よくわからなかった。

ただ癌と言われたところは、かなりの大きさだった。

 

リンパ節へは転移しやすいので、そこまで切除しているとのこと。

また胆嚢に胆石ができており、今後もできやすくなることから

そちらも切除したらしい。

そんなにあっちもこっちも切って、大丈夫なのかと思ってしまう。

 

手術前の検査で、心配していた肺や大腸への

転移は見当たらなかったものの、 

他の臓器への転移は、

検査にしばらく時間がかかるとのことだった。

 

「まだ麻酔から完全に覚めてはいませんが、会っていかれますか?」

とのことでICUへ行った。

 

酸素吸入をつけて苦しそうなパパちゃんが眠っていた。

ひとまずは安心だ。

 

 

 

一気に緊張がゆるむ。

良かった。

無事に終わった。

 

先生にお礼を言い、ICUは面会時間が決まっているため

夕方の時間まで待って再度会いに行った。

 

目を覚まして言葉を交わしたが

後から聞くと覚えていなかった(笑)

 

 

それでも顔を見て、話もできたので

その日はそれで病院を後にした。

 

次男の学校へダッシュε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

明日からの中体連に向けて、壮行会の予定だった。

 

他の保護者へは事情を説明して

間に合わんかもしれん、と話していたので

面々にムービーやら写真やらを撮ってくれていた。

感謝♪

 

それでも挨拶の時間には間に合った。

 

一人ひとり後輩から先輩へ応援の言葉と千羽鶴が。

そして3年生も決意の言葉を。

 

最後にメンバー全員で円陣を組んで気合!!!

 

やっぱりカッコイイなあ。

次は次男の応援だ!