癌と共に~フーテンのパパちゃん~

大好きな父が癌になりました。クジラを見に行く日を夢見て。

胃がん~初めての介護申請~

介護保険

 

難しすぎて

複雑すぎて

よくわからないのは

私だけ?

f:id:hikaru-ko:20200510231252j:plain

-2018年 7月下旬-

リハビリも順調に進み

食事もある程度普通食に戻れたため

お盆を待たず、退院することに決まった。

 

しばらくは食事の内容も、気を付けなくてはいけない。

でも基本、だいたい何でもOKというのには驚いた。

 

この猛暑で、散歩や外出の機会がへること

体力や筋力の低下が一番心配だった。

 

この病院へ移ってから、すぐにお願いしたことが

介護保険の申請だった。

 

病院でリハビリを継続することもできるが

外来のため通院になってしまう。

車は私と共有で使っていたため、平日だと厳しい。

また、そろそろ運転させたくない気持ちもあった。

 

送迎ありになると、リハビリも介護保険でないと使えない。

 

 

病院のソーシャルワーカーを通じて、まず要介護認定の申請からスタート。

調査員と呼ばれる方が面談へ来られ、認定調査というものを行う。

まずここまでの道のりが長かった。

 

それでも退院前に調整がつき、

女性の調査員が病室へ来られた。

口頭での規定項目の質問、またいくつか

身の回りにあるものを1度見せてから

後で記憶を確認したりなど。

 

ここでパパちゃんはがぜん張り切った。

「俺はまだまだイケる」

的な所を見せたかったのだろう。

調査員さんに冗談を飛ばすほどの元気っぷり。

 

あかん・・・

これは通らないんではなかろうか(;´・ω・)

 

調査員さんも「まだまだお元気ですね」

と言い残し帰って行かれた。

 

併せて主治医から意見書を出してもらう。

以上のデータを一部はコンピューター判断し、

また結果を介護認定審査会にて再度審査し、

決まった結果が通知される。

 

トータルでなんやかんやと、1ヶ月以上時間がかかる。

 

 

それから退院後通知がきたが

介護保険 認定不可」の回答。

 

チーン・・・

 

それでも何かないかと探すと

「介護予防」の目的でサービスを利用できることが分かった。

ただし半日・3か月・1回限り。

 

リハビリメインで受けられるところを探したが

あまり該当施設がなく、また送迎は30分以内とあるため

なかなか見つからず。

パパちゃんの性格からいっても

あまり手遊びとか、健康体操みたいな

高齢者向けの施設は合わない難しさ(;^ω^)

 

なんとか運動メインの施設を見つけ

下見にも行ったがなかなか感じも良く。

場所もほど近いため、ここに決めた。

 

家ではぜったいリハビリしないもん。

なんとか体力は維持せねば。

 

 

元気良すぎると、介護保険の認定はおりません(笑)