癌と共に~フーテンのパパちゃん~

大好きな父が癌になりました。クジラを見に行く日を夢見て。

胃がん~久々の我が家~

病院で退院記念にパチリ

当時流行り?の山根会長のモノマネをする

お茶目なパパちゃん♪

f:id:hikaru-ko:20200602223019j:plain

-2018年 8月初旬-

久しぶりに帰り

やはり自分の部屋はおちつくのだろう

ホッとくつろいでいた。

 

我が家は空調は効いているものの

外の移動の暑さはかなり堪えたようで

少々お疲れの様子。

 

しばらくウトウトと横になり、

その後ゆっくりお風呂に入り超ゴキゲン。

 

パパちゃんはお風呂がとにかく大好き。

入らないことは、まずない。

 

夏ならば朝から汗をかくたびに入っている(笑)

 

そして入るときは必ずマイタオル。

そして石鹸。

ボディシャンプーなるものは論外らしい。

 

きれい好きはいいけどね

私のリンス使ってるよね?

一度問い詰めたが、すっとぼけていた。

 

さっぱりした後は

次男が作った夕食をみんなで囲んだ。

 

食べるものには気を使い

魚料理で。

野菜も柔らかい葉の部分のみ。

具だくさんの味噌汁。

 

「美味しい、おいしい」と

喜んで完食していた。

 

「毎日使える!

胃を切った人のおいしい回復レシピ300」

なるものをネットで取り寄せたが

1回も使うことはなかった(;^ω^)

 

それくらいパパちゃんの食欲は旺盛だった。

 

もちろん脂身の多いものや

消化の悪いものは、極力避けた。

だが基本魚より肉派のため

ほとんどなんでも食べていた。

 

胃をなくした人に多い

眠気や冷や汗、動悸やふるえ等の

ダンピング症候群」を警戒していたが、

ほとんどなくホッとしていた。

 

 

私や子ども達からも

「噛んで!かんで!」としつこく

言われたり、

食べた直後は横になることはせず、

座椅子に座ったりして時間を

取るようにはしていた。

 

ちょこちょこおやつを

元から食べる人だったので(笑)

食事の回数も

ほぼみんなと同じ回数でいけていた。

 

ただどうしても相性が悪いのが麺類。

 

ラーメン、そーめん、うどん・・・

噛まずに入ってしまうのだろう。

 

食べた後に詰まってしまい、

吐き戻すことが多く

段々と食べるのが怖くなったのか

以前ほどは好んで食べなくなった。

 

それでも

ほとんど制限なく

食べたいものを食べられるというのは

幸せなことだと

つくづく感じた。