癌と共に~フーテンのパパちゃん~

大好きな父が癌になりました。クジラを見に行く日を夢見て。

胃がん~船釣りですよ!!!~

無事手術を乗り越え

リハビリを頑張り、帰宅できたお祝いに

何か喜ぶことをずっと考えていた。

 

釣りが大・大・大好きなパパちゃん🎣

 

これしかない!

f:id:hikaru-ko:20200603205926j:plain

-2018年 8月下旬-

大病を手術で乗り越えたパパちゃん

不登校から新しい道を見つけた長男

最後の中体連を頑張りぬいた次男

 

今年の夏は

みんなそれぞれによく頑張ったと思う

 

家族丸ごと楽しもう!ということで

夏休み最後の8月31日に

1泊2日で家族旅行に行くことにした。

 

海の側のお宿で、ゆっくり釣りを楽しんでもらおう。

なかなか手ごろで良さそうな所を発見👀

すぐさま予約した。

よくよく宿の案内を見ていると

「釣り船手配いたします」とある。

 

ちょっと迷ったが、相場よりは安い。

何より餌から竿まで準備してくれるので

手ぶらでOK。

よし、せっかくだから行ってみよう!

 

お宿に尋ねると、漁師さんから折り返し連絡がきた。

朝、近くの桟橋から船が出るので

それに乗ってくださいとのこと。

よっしゃ。早起きや。

 

ついでに、恐る恐る餌を聞いた。

私は虫がまったくもってダメなのだ(涙)

すると漁師さんが

「活きたエビだよ、朝から採ってくるからね」とのこと。

ラッキ-♪

エビなら私でもいける!

 

ただここで問題が。

主人が船酔いがひどく、薬も勧めたが沖で待つと聞かないため

かわいそうだが置いていくことにした。ごめん。

 

所要時間5時間。トイレがない。

悩みに悩んだ挙句

お試し用の大人用パンツ型紙おむつを購入した。

 

背に腹は変えられぬ。

 

私自身そんなに釣りがしたかった訳ではないが

心配なのと

何より喜ぶパパちゃんと子どもたちの顔が見たかった。

 

 

「パパ!船に乗って釣りに行くよ!」と言うと

きょとんとした顔をしていた。

詳細を説明すると

自分のためにお金をかける事に気が引けるのだろう、

しきりに「そんなことしなくていいから」とばかり言う。

 

「子どもが楽しみにしてるから、ね、行こう」と

子どもをダシにして、ようやく了承してくれた。

 

「船って本当に釣れるのかなぁ」

半信半疑の様子だった。

 

そう言いながらも嬉しそうで

当日は誰よりも早起きしていた。

 

おにぎりだけ握り、ペットボトルを各自1本

急な雨に備え100均のレインコートまで準備した。

水分が飲んでから体外に出されるまで6時間。

逆算して乗船の6時間前から、私だけは水分を控えるようにした。

ただまだ暑さも残るため、塩分入りのキャンディーも用意。

 

準備万端(・∀・)

 

いざ、出発!!!