癌と共に~フーテンのパパちゃん~

大好きな父が癌になりました。クジラを見に行く日を夢見て。

胃がん~終活~

結婚式はないことだってある。

 

でもお別れは100%やってくる。

誰にも、必ず。

f:id:hikaru-ko:20200608215032j:plain

 

とりあえず、ネットで家族葬に関しての

資料を取り寄せることにした。

 

ありすぎて、びっくりする。

 

とりあえず自宅近くで、何件かピックアップした。

 

一応、外見を分からないようにして送付してくれるよう

それぞれ頼んだ。

 

パパちゃんの目に触れるのも嫌だったし、

何より義実家の目にでも入ったら、大騒ぎ間違いなしだ。

 

ご丁寧に「エンディングノート」まで

サービスで入れてくれるところもあった。

 

終活は、何もお葬式を考えるだけではなかった。

 

そこに至る、「介護」や「終末期医療」も含めて

またお金の管理や、葬儀後のお墓の事等々。

なかなかに深い。

 

なんだかまだまだ先やん、と思ってしまいがちだが

私とて事故で明日どうなるかはわからない。

 

パパちゃんの事はもちろん、自分の事も一緒に考えるきっかけになった。

 

 

おそらく、いよいよになった時は

とてもじゃないが、本人に聞くなんてできないだろう。

 

そのためにも、元気なうちに色々と聞いておかねばと思った。

 

 

パパちゃんは常日頃から、

「延命だけはしないでくれ」とよく言っていた。

植物状態で生きるのだけは、絶対したくないと。

意識がない、話すこともできなくなった時は

頼むから逝かせてくれよ、と本気で言っていた。

 

心臓がわるく、これまでも何度か心停止を起こしている。

 

自由を何より愛するパパちゃんにとっては

動けないという状態は、「生きている」ことではないのだ。

 

手術を繰り返すたび、それだけは私も覚悟をしていた。

 

また、色々調べていく中で

リビングウィル」というものがある事も知った。

これは本人が望む尊厳死を自筆で書き残してもらうものだ。

 

救急の場合、また病院では治療・延命は不可避となる。

その場合意思表示をしておくことで

延命治療を拒否できるらしい。

ケースにもよるが。

 

実際末期になると、自然と食事や水分を受け付けなくなるらしい。

その時に無理に点滴をしたり、チューブで栄養を送ったりするのは

本人も辛さだけが残るため、私もあまり賛成ではなかった。

 

だが、かといって

パパちゃんに「リビングウィル」を書いてとも言えなかった。

 

なので実際の時がきたらどうなるのかは、

正直分からないというのが、本音だった。

 

 

 

葬儀に関しても、もともと目立つこと自体が苦手なため

しなくてよい、という。

さすがにそんな訳にはいかないので、家族葬で納得してもらった。

 

さて、問題はお墓だ。

 

母は20年以上前に他界している。

その際、県内の納骨堂に収めたのだが

災害等で建物自体が破損し、

他の県へ移している。

緑の多い広大な良いところだが、

なんせ遠い。

 

めっちゃ遠い。

 

なかなか会いに行けず数年経ってしまっていた。

・・・お母さん、怒ってるだろううな-(;^ω^)

 

 

お墓は何といってもお高い。

それにメンテナンスも大変。

継いでいく人も大変。

なので最初から考えていなかった。

 

樹木葬」というのも見つけた。

おっイイカンジじゃん♬と思ったが

どうも宗派が合わない。

 

あれやこれやと探しているうちに

「海洋散骨」というのを見つけた。

 

船に乗って、海にパウダー状に加工した遺骨をまくのだ。

かっこいい・・・

パパちゃんに話すと、

そんなものもあるのかとビックリしながらも

「いいね♪」

「それならいつでも釣りが出来る」

とまんざらでもなさそうだった。

 

「でしょでしょ」と

パンフレットを見せると

「もう取ってあるのか」と苦笑していた。

 

「私だってわかんないからね。万が一はヨロシク」と言いながら

一緒に見てはキャッキャと盛り上がっていた。

 

 

元気なこの時に

話しておいてよかったと

心から、そう思う。