癌と共に~フーテンのパパちゃん~

大好きな父が癌になりました。クジラを見に行く日を夢見て。

胃がん~術後、半年検査~

冬はイヤだ

寒いし

インフルエンザは流行るし

 

心臓も悪いパパちゃんには大敵

 

早く春にならんかなぁ

f:id:hikaru-ko:20200610112913j:plain

-2018年 12月12日-

 

パパちゃんの胃がん摘出の術後、半年検査。

 

受験生の息子の三者面談もこの日にしてもらい

会社には1日お休みをもらった。

 

 

血液検査から、CT検査、内視鏡と、あちこちに行かされ

主治医に診てもらう時には、かなりくたびれていた。

 

多少貧血気味ではあるけれど、

それでも転移しやすい

リンパ腺、肺、肝臓にも心配なところは見られない、とのことで

一安心(^▽^)/

 

胃がないと食事から鉄分を補給できず、貧血になりやすいらしい。

鉄剤を普段のお薬にも入れてもらっていた。

 

次回は3月とのことで、病院を後にした。

 

 

 

年末になると長女がいつも、我が家や次女宅へ

何かしら美味しいものを送ってくれる♬

 

今年は広島産のカキ!

 

パパちゃんもカキは大好き。

子ども達も大好き。

 

私は・・・

生ガキは大好きなのだが

なぜか火を通したカキフライや鍋は大の苦手・・・

自分でもよくワカラナイ(;´・ω・)

 

まぁでもみんなが喜ぶ顔を見るだけで

私は大満足だ

 

 

新しい職場は「残業がない」と聞いていたが

うそっぱちやん!というほどの連日激務に追われていた。

 

毎日帰るのが9時過ぎになり

買い物さえもできない

 

あまり遅くなると、子ども達もパパちゃんにも支障がでてしまう。

考えた挙句、食材の宅配セットを頼むことにした。

これはこれで、普段は作らないおかずを出してみたり、

買い物に行かない分、余計なものを買わないのでアリだと思う。

ただ、ちょっと高い(;^ω^)

 

パパちゃんは同居する前

このミールキットで自炊をしていた。

なので手順があれば、見ながら一通り、料理はできる。

 

でもさすがに立ちっぱなしはきついのと、

万が一手でも切ったら、大変だ。

心臓の薬を飲んでいるパパちゃんは、血が止まらない。

なので料理はご遠慮してもらっていた。

 

私より早く帰っている主人は、もちろん何もしない。

私が帰るまで寝てるか、ビデオかマンガを見てゴロゴロ。

自分だけ適当に食べて寝ている時さえあった。

 

おいおい、子どもの分は・・・・

 

そんな状態なので、

前日の分を朝から作って行ったり、

カンタンそうなメニューの時は子どもにお願いしていた。

 

子ども達がご飯をしてくれる時は、

家族全員分用意してくれ、

遅くなる私の分も別にとってあった。

 

10時過ぎに帰ったりするときは、

もうとにかく寝たいのだが

せっかく作ってくれた「回鍋肉」や「チキン南蛮」などの

イカロリーも美味しく頂いた(笑)

 

 

帰ると、パパちゃんは、いつも起きて待っていてくれた。

「大丈夫か」と心配そうに聞いてくる。

「なんとかね」と言いながら、とにかく乗り切るしかなかった。

 

 

なので今日だけは気合を入れてご飯を作った。

パパちゃんも「おいしいな」とモリモリ食べてくれ、

山盛りのカキフライがあっという間になくなったw

 

みんなで食べるご飯はおいしいなぁ

 

 

・・・だがこんなに連日遅いのは、

絶対義実家にバレているはず。

 

夜もちょこちょこやってきては

車がないのを確認して

「ご飯まだ食べてないの!?」「お母さんはまだね?」

とわざわざ電話までしてくる(こわ)

 

 

 

それなのに、何も言ってこない・・・

かえって不気味だった。

 

時限爆弾を抱えてる気分で大晦日を迎えた。