癌と共に~フーテンのパパちゃん~

大好きな父が癌になりました。クジラを見に行く日を夢見て。

胃癌~二人でおでかけ~

パパちゃんはお出かけが大好き。

車に乗ってどこまでも。

 

さいころから

助手席は私の特等席だった。

f:id:hikaru-ko:20200618201047j:plain

-2019年 4月-
春になり、歩いてのお散歩も時々するようになった。

 

脚力は大事だ。

歩けないと、すぐに体は弱ってしまう。

 

だが心臓も悪いパパちゃんは、あまりムリもできない。

なのでお散歩のときは、

携帯用の椅子を持参していた。

 

なんせ周りが、見渡す限り何もない。

畑か田んぼかビニールハウス・・・

 

疲れた時は、よっこらしょ、と休憩。

 

そして出かけるときは、必ず家に居るものに

「ちょっと行ってくる」とちゃんと声をかけていた。

心配するのが分かっているから。

 

 

大して用もないけど

ぶらぶらするのが好きなパパちゃんは

ホームセンターや100円ショップを廻り

レンタルビデオを借りて、軽くご飯を食べて帰ってくる。

 

それでも年齢もあり、運転も心配になってきたため

お出かけ範囲も、なるだけ近場にしてもらっていた。

 

 

桜が美しい季節になり、お花見にも行った。

 

www.hikaru-ko.xyz

さいころから、二人で出かけることが多かった。

 

小学校の時は、よく銭湯周りをしていた。

以前はそんなに規制もなく

私も気にしていなかったので

一緒に平気で男湯に入っていたものだ(;^ω^)

 

中学、高校生になっても

二人で買い物や本屋、ドライブにも行っていた。

 

いわゆる”反抗期”というものが

父曰く「お前は1日しかなかった」と

よく笑って言っていた。

「もうしゃべらない!!!」と言っても

おしゃべりな私は1日と持たなかったらしい。

 

・・・うちの長男も似ているな・・・

 

結婚してからは、子どもを連れて

コスモスの時期には動物園に行き、

部活動の合宿先の下見や、家族で行くキャンプの下見も

父を連れて行っていた。

私が「あそこ行きたい」「次はここ」というのを

黙ってついてきてくれ、疲れたら運転してくれる。

 

一緒に居てラクだし、楽しかった。

 

 

元気な時に

歩けるうちに

 

もっともっと

色んな所を

二人で廻りたかった

 

カナダのナイアガラの滝

グランドキャニオン

本場のフラメンコを見にスペインへ

 

行こう、て話してたのにな

 

一人で夢みるのは、つまんないよ