癌と共に~フーテンのパパちゃん~

大好きな父が癌になりました。クジラを見に行く日を夢見て。

胃癌~孫たちとのひと時~

検査の日は

やはり落ち着かない

 

不安な気持ちを

先生にも分かってもらいたかった

f:id:hikaru-ko:20200619205601j:plain

-2019年 4月10日-

定期検査で外科へ。

 

腫瘍マーカーの値が少し高いため

CTも撮ったけれど、

結果異常なしとのこと。

 

体のふらつきがあることを伝えるが

「さぁ、なんだろね」というだけ。

 

どこも先生はこんな感じなんだろうか。

 

血液検査の結果を見た限りは

貧血もそんなにひどくはないようだ。

 

地道に体力をUPさせるしかないのかな。

 

次回は手術後の1年経過の受診で

血液検査とエコー検査の予定。

 

まぁひとまずは、安心だ(*´ω`*)

 

 

 

その年のゴールデンウイークに

一番上の孫が東京から帰省すると連絡があった。

 

気分転換もかねて、ちょっと遠出して

ご飯を食べに行こうかという話になった。

 

姉妹でいろいろ意見を出し合い

食べ盛りの男の子ばかりなので

ちょっと奮発して

1キロのヒレ肉を、豪快に1本焼きするという

ステーキを食べに行くことに。

 

次女が車を出してくれ、運転してくれた。

敷地は広く、庭園や池もあり

田舎の一軒家、といった感じ。

 

大きな灯篭の前で

孫一同とパパちゃんで写真を撮った。

みんないい顔してる(n*´ω`*n)

 

離れに通されたのだが、

窓が全開でとにかく寒い。

意外に空いていたのだが

えらく待つことに。

 

ようやくお肉がやってきて

目の前の鉄板で焼かれていく。

美味しそうだ♬

マーガリンで焼くらしい。

 

焼きあがったあと、一口サイズに切ってくれる。

まずはパパちゃんに、そして子供たちに。

あっっっという間に秒でなくなる(笑)

 

そして全部食べてしまった後に

ご飯がやってきた。

遅いよ・・・・

仕方なくタレで食べる子ども達。

 

まぁこれはこれで、笑い話だ。

 

孫が全員集合するときは、なかなかない。

おじいちゃんとの時間は、貴重だ。

 

 

当たり前のような、でも特別な時間。

子ども達の心にも、残ってくれているといいな。

 

次の日、パパちゃんは39度の熱が出た。

寒かったもんな・・・

でもこれは単なる風邪で、1日で元気になった。

 

付き添ってリビングで寝ていた私は

次の日から3日間寝込むことになる。

歳をとっているのは

パパちゃんだけではなかった(;´・ω・)