癌と共に~フーテンのパパちゃん~

大好きな父が癌になりました。クジラを見に行く日を夢見て。

胃がん~抗がん剤治療、中断する~

自分だったら、耐えれただろうか

 

病気との闘い

薬との闘い

f:id:hikaru-ko:20200723122121j:plain

-2019年 7月24日-

中途経過観察で病院へ。

 

白血球、腫瘍マーカー、血小板、

すべてが悪化という結果。

 

一旦治療は中断することになり、

2週間後に再度血液検査と診察。

 

投薬の量も2段階目に少ないもので、

点滴治療はまず無理。

腎臓も元々悪いこともあり、

今後の治療もできないかも、と言われ

『治療ができない』という事だけにとらわれ

私たちの中には不安だけが残った。

 

これって、今考えると

『とりあえず治療してれば安心』

『薬飲んでれば大丈夫』

という保険的な気持ちの方が強かったのだと思う。

 

パパちゃんの年齢や状態を考えれば

抗がん剤治療をしない」という

選択肢もあったはずなのに。

 

もっと、もっとちゃんと考えておくべきだった。

 

落胆する私たちをよそに

”薬中断”を朗報と捉え、ゴキゲンなパパちゃん。

 

そんなパパちゃんから突然

「花火大会に行きたいな」と言われた。

 

まだ私たちが小さい時、市の主催で花火大会が開かれていて

家族みんなで毎年行っていた。

 

私がUターン帰省してパパちゃんと二人で住んでいた家からも

会場が近いためよく見えていた。

庭に縁台を出して、姉達や従弟も呼んで

みんなでワイワイやってたっけ。

 

会場の確保が難しくなり、長い事中止になっていたが

昨年復活したのだ。

テレビでもよく宣伝しているのを見ていて

「なつかしいな-」とつぶやいていた。

 

それにしても

あまり騒がしいところは苦手な人なだけに

「パパちゃんから言い出すなんて珍しいな」と

 意外だった気がしたのを覚えている。

 

深い考えはなかったのかもしれない。

ただ本当に昔を思い出して懐かしかったのかも。

 

それでも今思い返すと

パパちゃんなりに

色んな事を考えていたのかもと

思えてならない。