癌と共に~フーテンのパパちゃん~

大好きな父が癌になりました。クジラを見に行く日を夢見て。

胃がん~抗がん剤、減量する~

辛くてもきつくても

少しでも改善の兆しがあるのであれば

お薬は必要

 

治療以外の選択肢を

もっとわかりやすく

もっと安心して受けられるように

f:id:hikaru-ko:20200723115341j:plain

-2019年 8月7日-

 

抗がん剤治療は、

通常2週間投薬、そしてお休みが1~2週間で

1クールと説明を受けていた。

 

病院へ行く時、かーなーり渋々になっていた。

抗がん剤の治療がきついのだ。

 

血液検査の結果、数値も少し平常値に戻っていた。

ただ相変わらずひどい貧血状態。

胃を全摘すると食べ物からは鉄分が取れないため

ある意味仕方がないのだが。

心臓の薬と一緒に鉄剤は処方されていた。

 

 

先生から「どうです?」と聞かれ

「薬を止めたら楽になった!」と言うパパちゃん。

先生は「そりゃそうですよ」とだけ冷たく返事をする。

 

一応、「再開はどうしますか」とは聞いてくれた。

 

めっちゃイヤそうなパパちゃんだが

「うかつなことは言うたらでけん」と

事前に私達から言われてるので

「んー」とだけ返事。

 

それじゃあ、今回は少し薬を減らして

1週間様子をみましょう、ということになった。

 

薬が減ると聞いてパアッと顔が明るくなるパパちゃん。

でも1週間後に来てと言われ一気にブル-に。

なんと分かりやすい。

 

TS-1【20㎎】を朝1錠、夜1錠の1日2錠になった。

 

 

 「朝から1錠なら大丈夫!今回は1週間だし!」と

どうにかなだめすかし、病院を後にした。

 

以降、これから薬の量が戻ることは、なかった。

それでも TS-1を飲んでいれば

癌は抑えられると、信じていた。

 

 

病院へ行った次の日、父が亡くなる夢を見た。

ただ亡くなっても全く変わらない様子で、

病院内をうろちょろしている、という

アホみたいな設定でw

医者からは(腫瘍内科の担当医ではなかった)

「もう脈は止まっているんですが、

ご本人気づかれてないみたいなんで、

しばらくこのままでいいですよ」と

 

リアルだったらホラーだ(;゚Д゚)

あまりにショックだったため姉達に話すと

「パパらしいね~」とのんびりした返事がきて

ホッとしている自分がいた。