癌と共に~フーテンのパパちゃん~

大好きな父が癌になりました。クジラを見に行く日を夢見て。

胃がん~パパちゃん船釣りに行く~

パパちゃんが

ずっとずっと行きたがっていた船釣り

 

台風も遠慮してくれたみたい

f:id:hikaru-ko:20200803211644j:plain

-2019年 敬老の日-

ようやく念願かなった船釣り当日。

 

パパちゃん何度も自分の道具を確認してる(笑)

 

以前1度行ってるので、準備も知れたもの。

何もしなくてよい♬

 

餌、竿、道具、氷、

すべて船長さんが用意してくれるので

基本手ぶらでOK。

www.hikaru-ko.xyz

今回は親戚のオジちゃんと

その婿さんがうちで合流。

 

婿さんの運転だが車が大きいので

私とパパちゃんは同乗させてもらった。

 

主人の車には長男と次男。

 

いざ、出発!

 

 

途中コンビニでトイレ休憩をとり

少し早めに船着き場に到着。

 

まだ船長さんたちは来てないようだ。

 

するとオジちゃんが

「ちょっと酒かってくる」とトコトコ歩いて行った。

 

マジか。

まぁ、オジちゃんだもんな・・・(;^ω^)

 

このオジちゃん、人はとんでもなく良いのだが

とにかくお酒が大好き。

一時期はB型肝炎で断酒もしていたが

今は完全復活し、晩酌を欠かしたことがない。

 

いつも陽気だが、飲むとさらにパワーアップする。

 

とにかくオモロイおっちゃんだ。

 

でも旦那だったら困るけど(笑)

注)嫁に逃げられました

 

そうこうしてるうちに、船長さん達到着。

 

同行者が酒を買いに行ってしまった事を話すと

「あらぁ。あっちのお店は閉まっとるけどねぇ・・・

反対側だったら開いてたんだけど」

 

慌ててオジちゃんの携帯にかけると

「今ビール買ってかえるとこ♪」

とゴキゲンな様子。

 

???

 

5分後、確かにビールを下げて帰ってきた。

 

「いや-お店わかんなくってさ。

道端の人に聞いたら、たまたま酒屋さんで。

お店開けてくれたんだよ。助かった-♬」

 

なんというか

運がいいのだ(笑)

 

みんな揃ったところで

船酔いコンビの主人と婿さんを残し

出航いたしました。

 

船に乗るとき

パパちゃんの足元がおぼつかなくて。

 

事前に船長さんにはこっそり体調の事は告げていた。

 

もともと優しい人だが

ふらつくパパちゃんをしっかり支えて

船に乗せてくれた。

 

去年は8月最後の日に行ったっけ。

 

今回は9月も半ばということもあり、

だいぶ涼しいので、船の上も気持ちよかった。

 

だがやはり波で結構揺れる。

 

釣り用の少し高めの椅子が用意してあるのだが

パパちゃんには不安定なようで。

 

クーラーボックスのほうが低くて広いので

そちらに座ってもらった。

f:id:hikaru-ko:20200803214144j:plain

既に飲み始めているオジちゃん

 

いいな-いいな-ビールいいな-

 

「飲もうよ」と勧められたが

トイレが困るので、泣く泣く断った。

 

オジちゃん、船長さんの分もビールを用意していた。

 

さすがに今は飲めないようだが、喜んでいた。

 

こんなところが、オジちゃんらしい。

 

船長さんもすっかりオジちゃんを気に入っていた。

 

結構船を走らせてから、停泊。

いざ、釣り開始!

 

子ども達はもう手順を覚えていて、

しばらくすると

じゃんじゃんかかりだした。

 

まだ慣れないオジちゃんは

釣れる子ども達を横目で見て

「え?うそ?」と言いながら奮闘。

 

パパちゃんもどんどん鯛を釣り上げ

とにかく嬉しそう。

 

前回は私もめいっぱい楽しんだが、

今回はパパちゃんのフォローで。

 

餌の活きエビを付けたり、椅子や体を支えたり

一緒に楽しんだ。

 

生き生きとしている

パパちゃんをみれるのが

何よりうれしかった。

f:id:hikaru-ko:20200803214951j:plain

オジちゃんもコツをつかんだようで

「これはオモシロイ!!!」

と大興奮でじゃんじゃか釣っていた。

 

「おっちゃん、これはやめられんね!」

とパパちゃんに声をかけ

二人ともニッコニコだ。

 

良かった(*´ω`*)

 

さすがに、もう釣りすぎだろうよ・・・

と思うのだが、やはり楽しい気持ちが上回り

いけすの中はえらいことになっていた。

もう鯛祭り🐟🐟🐟

 

船の上から

「鯛 100匹以上」

「クーラーボックス5個満杯」

「他の魚とで200くらい」

姉達にラインを送った。

 

どうやって料理しようかと

姉達は悩んでいたらしい(;'∀')

 

今回ガラカブはあまりとれず

20センチサイズの小鯛が多く

刺身用の大物は4~5匹くらいだった。

 

おまけに帰港した後、

船長さんがミズイカまでお土産にくれた。

 

本当にいい人💛

 

岸についてから船から降りる際

船長さんがパパちゃんに

「また来てくださいよ!

待ってますからね!!!」

と声をかけてくれた。

 

嬉しそうに

「いやぁ楽しかった。何から何まで世話になって。

また来ます!」

と笑顔で答えるパパちゃん。

 

この船長さんには、

また別の形でお世話になることになる。

 

人との出会いは、本当に不思議だ。

 

 

その後帰り道の温泉で汗を流し

次女の家に集まってお魚三昧の食事会となった。

 

あまりの量に

ウロコ取りだけでみなゲンナリしてきたが(笑)

 

それでもお魚は美味しかった!!!

 

久々のオジちゃん家族との会話も楽しかった。

 

パパちゃんも1日、相当疲れただろうに

楽しさのほうが上回っていたのだろう

ずっとゴキゲンだった。

 

良かった。

パパちゃんの笑顔が見れて

皆と楽しい時間がすごせて。

 

 

船長さん、ホントに本当にありがとう。

最高の思い出です。