癌と共に~フーテンのパパちゃん~

大好きな父が癌になりました。クジラを見に行く日を夢見て。

胃がん~暗雲~

抗がん剤治療を頑張るさなか

 

心臓が悲鳴を上げていた

f:id:hikaru-ko:20200807045829j:plain

-2019年 10月28日-

 

抗がん剤治療と週1回のリハビリの日々。

 

ご飯はよく食べるものの、

若干便秘気味。

漢方薬で調整していた

 

そんな中、横になると息苦しくて眠れない、

とパパちゃん。

 

 

副作用にしてもおかしい。

 

いつものかかりつけの内科に行った。

 

先生も「心臓の動きが悪いね」と言われ

急ぎ検査を受けるよう、勧められた。

 

2日後、次女に検査のため病院への付き添いをお願いしていた。

 

朝から迎えに行き、内科の先生からの紹介状をもらってから

大きな病院へ行く予定にしていた。

 

ところが姉が迎えにきても、

パパちゃんが出てこない。

 

どこ行った。

 

焦る姉。

 

電話してようやく捕まると

なんと歩いて内科の病院へ行っていた(;゚Д゚)

 

どうも病院から「紹介状を早めにもらいにきて」

という電話があり、

『急がなきゃ』と慌てて歩いて行ったとのこと。

 

もう!!!

 

びっくりしてすぐに迎えに行くと

ヨタヨタしながら歩いていたらしい。

 

「もう、信じられん・・・血の気ひいたわ」と

次女から連絡があった。

 

どうしてムチャするかなぁ・・・

 

次女は基本とても優しい。

「もう心配かけんでよ-」でおしまいだが

これが私や長女だったら

めちゃくちゃ怒っていた。

 

特に私はすぐ怒るので

よくパパちゃんが

『更年期だ…』とボソリとつぶやいていた。

 

聞こえてんぞー

 

それを分かっているので

パパちゃんも病院への付き添いは

次女のご指名が多かった。

 

 

検査を無事終え、1週間後に診察。

 

また新たな試練が待っていた。