癌と共に~フーテンのパパちゃん~

大好きな父が癌になりました。クジラを見に行く日を夢見て。

初盆~家紋、カモン~

 

パパちゃんだけの目印を探さなくっちゃ。

 

f:id:hikaru-ko:20200816110945j:plain

-2020年 文月-

 

初盆の準備で提灯はOK。

 

だが白提灯がナイ。

 

地域性か、あまり取り扱いがないとのこと。

 

家紋入りの提灯を

ご先祖様が迷わないように

飾るのが一般的らしい。

 

パパちゃんは運転がとても得意で

道にはとても詳しかった。

迷子にはならんと思うけど

 

でもパパちゃんだけの目印は

創ってあげたかった。

 

それに

義実家に言われた

「お父さんはこっちの家の人間」

と言われたのがずっと引っかかっていて

www.hikaru-ko.xyz

《パパちゃんはパパちゃん

おたくの家の人ではナイ》

 

というのを表したかった。

 

パパちゃんだったら

「なーん、気にするな」

と一笑に付すだろう。

 

でも私はパパちゃんに関してだけは

絶対に妥協したくなかった。

 

かといって家紋入りの提灯は

なんだかしっくりこない気もして。

 

まあ、なんというか

古いありきたりな形式に

とらわれる人ではなかったから。

 

「初盆」「家紋」でひたすら検索。

 

すると

ハーバリウムの創作提灯とやらを見っけ。

天然の花や葉で出来たハーバリウム

底面からLEDで発光するという。

 

小さいのもあるが

少し大きいサイズだと

家紋が入ったカバーもつくらしい。

 

これだ!


 


 

色々な柄のカバ-があったが

桜にきめた。

 

パパちゃんが溺愛していた猫の名前が

『さくら』だったから( *´艸`)

 

パパちゃんが喜ぶだろう。

 

 

パパちゃんちの家紋はとてもめずらしい。

こんなの

f:id:hikaru-ko:20200816113518j:plain

《重ね枡》というらしい。

 

次男が見て

「召喚呪文の柄みたい・・・」(笑)

 

長男の初節句の際

鯉のぼりは主人の実家から、

私の実家から《矢旗》を贈る習わしらしく

かなりテンパったのを覚えている。

 

・・・うちに家紋なんかあるのだろうか・・・

そもそも矢旗って知らんがな(;´・ω・)

※鯉のぼりと一緒にパタパタしてるやつで

名前旗ともいう(田舎でしかお目にかからないと思う)

 

ナイわけないだろうが

もうその頃母は他界していたため

パパちゃんに尋ねたが

「家紋・・・さぁ・・・

ないんじゃない?」

 

あああやっぱり(´;ω;`)

 

こういう時

パパちゃんはまったくもって

アテにならない💦

 

こらヤバイ、と模索していたが

数日後、パパちゃんから

「あったばい♪」と連絡が。

 

 

パパちゃんの実家のお義姉さんに尋ねたところ

「分かるよ~」とのこと。

さすがおばちゃん❤

 

こと私の嫁ぎ先は色々とうるさく

パパちゃんなりに私の立場を心配して

相談してくれたらしい。

 

ありがとパパちゃん。

 

早速型紙?みたいなのを取ってきてくれ

それを持って染物屋さんみたいにところに依頼しに行った。

 

そんなことがあり

我が家に家紋が実在する事実は知っていた(笑)

 

確か、どっかに・・・

とキレイにしまい込んでいる矢旗を引っ張り出し

家紋を再確認。

 

写真を添付して、創作提灯をオーダーした。

 

世界に1つだけの

パパちゃんの家紋入りハーバリウム提灯!

 

出来上がりがこちら。

f:id:hikaru-ko:20200816163439j:plain
LEDがまばゆいぜ。