癌と共に~フーテンのパパちゃん~

大好きな父が癌になりました。クジラを見に行く日を夢見て。

胃がん~病院で迎えるクリスマス~

残業の日々

眠れないパパちゃん

学校へ行かない長男

 

きっつ―(;´・ω・)

f:id:hikaru-ko:20200820155942j:plain

-2019年 師走-

 

私達が住むこの地域では

この忙しい時期、収穫祭が催される。

 

公民館で炊き出しやら料理やらを

当番でするお役目がある。

 

もう農家1本の時代ではない。

今は皆ほぼ会社勤めではないか。 

時代はもう《令和》やぞ

 

強行突破のように催されるこの収穫祭のため

年々離脱者が絶えない。

 

しかも収穫祭の責任者を決めるたびに

もう大モメとなる。

 

アホらしい。

 

12月に入りこの収穫祭で土日がまるまる潰れた。

 

そして会社は休憩なしのフル残業期に突入。

(だが休憩時間は自動的に60分取ったかのように

コンピューターで補正される地獄)

それでも12月の残業時間は70時間を超えた。

 

そしてボーナスは1円も出らず。

 

いやいやいやいや

ブラックじゃないね

暗黒企業だよ

 

そして高校3年の長男は学校へ行かず。

おーい

進路どないするん(;・∀・)

 

+αパパちゃんの具合がどうもよろしくない。

 

だが毎日フラフラの私を心配してか

だいぶ我慢していたのだろう。

 

また私も

パパちゃんを気がける余裕を失っていた。

 

1週間なんとか持ちこたえ、やっと迎えた週末。

 

もうすぐクリスマス🎄と

世の中が浮かれ始めだした金曜日の夜中

遅めの風呂から上がると、

パパちゃんから呼ばれた。

 

『ちょっと・・・心臓が苦しい』

んんん???

「え、マジ?救急で病院行こうか」

『いや、大丈夫だけど一応言っとこうかと思って』

「大丈夫て・・・・明日朝からでもいいような感じ?」

『ウーン・・・なんか目つぶったら、

そのまま逝っちゃいそうな感じ?

全然ダメなやつじゃん!!!

 

大慌てで病院へ電話を入れ、

とりあえずの入院セットをバックにぶち込み

主人には一応事情を説明し、

パパちゃんを連れて真夜中緊急病院へ。

 

そういや少し前から

よく夜中息苦しいって言ってたもんな・・・

 

年末でも関係なく、救急指定病院は大混雑で。

かなりの間待たされ、ようやく検査室へ。

 

そこで少し気が抜けたのと、

1週間の疲れがどっと出て

看護師さんに呼ばれているのにも気づかず爆睡。

肩をゆすられようやく起きるワタシ(;'∀')

 

やはり心不全を起こしているらしく、

そのまま入院となってしまった。

 

ごめんパパちゃん

ずっとガマンしてたんだよね・・・

 

以前先生に診てもらった

【僧帽弁閉鎖不全症】が原因らしい。

 

www.hikaru-ko.xyz

 薬では、抑えられなかったということになる。

 

救急の先生に、クリップでのカテーテル手術を聞くと

胃がんの肺転移でしょ。

しても意味ないから、多分手術できないよ」

とこの上ない冷たい所見を言われた。

 

こんな医者と問答しても仕方ない。

 

担当の女医さんに相談しよう。

 

もう明け方近かったので

ここでようやく姉達へ連絡を入れ

一旦パパちゃんと病室へ移動。

 

年末そして救急だったため

相部屋が空いておらず個室に入ることになった。

 

1泊8,000円なり。

お高い(´;ω;`)

 

そして帰りが遅く食事の支度ができないこともあり

パパちゃんは年末までここで過ごすことになった。

 

残業だから病院に入るのって、

なんかオカシイ・・・・・

 

この頃から会社への不信感もMaxになっていった

 

 

 

 

この忙しい時期にお世話になっていたのが

宅配の食材。けっこう美味しい!

次男が作ってくれていました♬