癌と共に~フーテンのパパちゃん~

大好きな父が癌になりました。クジラを見に行く日を夢見て。

胃がん~心臓、いきまーす~

家族そろってのお正月

 

何よりの幸せ

f:id:hikaru-ko:20200827151601j:plain

-2020年 睦月-

年末に緊急入院した心臓の方は

後日担当の女医さんより連絡があり

1月末にクリップ手術ができることになった。

 

本当に感謝しかない。

 

癌が再発していることを考えれば

救急担当だったドクターの言う通り

手術しないという見方もあるだろう。

 

でも癌と闘うためにも

せめて心臓の方は万全にしておきたかった。

 

そしてその気持ちを

担当の女医先生が分かってくれて

医局内での手術審議の際、

手術をする方向で話を勧めてくれたようだった。

 

まずは一安心・・・だが

とにかくそれまでは体調の方を

できるだけ整えておかないといけない。

 

万が一、再度心不全を起こせば

手術が延期になってしまう。

 

ムリをさせないよう

インフルエンザも怖いため

外出も極力避け

リハビリも大事を取ってお休みしていた。

 

パパちゃんも気分は良いらしく

大好きなお餅をいつも2個は

ペロッと食べていた。

 

ひっかけやしないか

こちらはいつもヒヤヒヤ。

 

一人の時は食べさせないようにしていた。

 

1月15日 事前検査。

経過は順調とのこと。

 

だが夜間ずっと息苦しいのは変わらず。

横になると心臓に負荷がかかるため、

仕方がないとのことだった。

 

なんとか、手術までもってくれることを

ひたすら願った。

 

年末からは

パパちゃんの和室の横のリビングに

簡易布団を敷いて寝るようにしていた。

 

いざっていう時に

2階では分からない。

 

夜、たまに飲むビールもやめた。

 

別に苦でもなかったし

最初こそ身体が痛かったが

そのうち慣れるようになった。

 

またずっと訴えていた左肩の痛み。

 

夜間は冷湿布で

朝からは姉が用意してくれた温湿布と

使い分けるようにしたら

だいぶ調子が良くなっていた。

 

入院前夜、昨年行った沖縄に

恩返しの意味も込めて

ふるさと納税で注文していた

【活きエビ】が届いた。

 

楽しみにしていたが

本当に活きが良すぎて

おがくずと一緒に暴れまわり

キッチンが大惨事となった・・・

子ども達と主人は生で食べて

「うまい~!甘い~!」

感激していたが、

想像していたよりも感触がものすごく

私はリタイアした・・・

 

だって口の中でビチビチするんだもん( ノД`)

 

同じく刺身は苦手なパパちゃんに

焼いてあげると

喜んで食べてくれた♬

 

大好きなエビと

次男が作ってくれた手羽餃子で

元気チャージ!!!

 

手術前日、執刀医の先生も

時間をかけて丁寧に説明をしてくださった。

万全の態勢で臨んだ

心臓のクリップ手術は無事成功し

予定よりも早い時間で

パパちゃん帰還。

 

先生、本当にありがとう。

 

パパちゃん、がんばったね。