癌と共に~フーテンのパパちゃん~

大好きな父が癌になりました。クジラを見に行く日を夢見て。

胃がん~緩和ケアについて~

コロナはこわい

 

でも病院は行かねば

 

なんとか危険を回避して

 

f:id:hikaru-ko:20200917150007j:plain 

-2020年 卯月-

電話でのセカンドオピニオンを終えて

内容は姉たちへも伝えた。

 

また地元で心臓をメインに診てもらっている先生に

ちょうど私の胃腸の内服薬をもらいに行った際に

パパちゃんの相談もした。

 

先生もお薬の中止を聞いて、「そっか・・・」と残念そうに言われた。

 

コロナ禍ではあるけれども、病院へ連れて行っても大丈夫か尋ねると

病院の中でも、緩和ケア病棟は特に制限があるので比較的安心といわれた。

あまり外来が出入りするところではないらしい。

また昔から緩和ケアに力を入れている病院も教えてもらった。

 

そしてセカンドオピニオンで受ける大学病院のほうが

気を付けたがいいよ、とアドバイスいただいた。

 

やっぱり頼りになるなぁ-!(^^)!

 

また看護師をしている従妹にも連絡を入れていた。

さいころ短い期間だが一緒に暮らしたこともある従妹は

パパちゃんを大切に思ってくれている一人だ。

 

『おじちゃんの年齢を考えたら、抗がん剤治療はもう厳しいと思う。

今は緩和ケアも進んでいるからね。

そっちの方が手厚く看てもらえるよ』と。

 

また従妹はパパちゃんの唯一の肉親、お兄さんの娘になる。

そのお兄さんと一緒に会いに来る予定で

年末に飛行機も手配してくれていたのだ。

 

その時はそんなに慌てなくても大丈夫、と思っていたのだが

 

やはり従妹は経験上、あまり時間が長くはないことを

感じていたのだろうと思う。

 

だがこのコロナのせいで、キャンセルせざるを得なくなってしまった。

 

ちくしょう、コロナめヽ(`Д´)ノ

 

ここにきて、ようやく緩和ケアというものを

本格的に考え出した。

 

私はどうも思い違いをしていた部分が多かった。

 

癌治療ができなくなり、もう死を目前に控えた人だけが

末期の痛みの対処のために、最終的に行く場所だとばかり思いこんでいた。

 

実際はそうではなく

 

癌治療と並行して考える場所だった。

 

 

抗がん剤治療という形で癌と戦う場所ではないけれど

痛みだけではなく、体のだるさやきつさや不安感を

薬だけに頼らず、音楽を聴いたり、アロマを使ったりと

いろんなヒーリング(癒し)を用いて対処もできるところだった。

そのために、患者さんだけでなくその家族のために

心療内科医がいたり、カウンセリングも気軽に受けられるようになっている。

 

病院より全然いいじゃん。

 

不謹慎だが、率直に思ってしまった。

 

そのために、抗がん剤治療を始めた時から

一緒に緩和ケアも受けるのが望ましいとされていた。

治療の中で出てくるいろんな不安感やきつさも考えると

確かに、と納得した。

 

またパンフレットやHPでしかまだ見ていなかったが

病室がキレイ!そして基本個室が多く、家族用のお部屋もあったりする。

 

至れり尽くせりやんか。

 

今まで大きな病院で、緊急入院しかしたことなかったので

なんだかだいぶ違うんだなぁと

個室料金にしてもえらく安いのに驚きだった。

 

とにかくは、まず面談だ。

担当医が良くないことには・・・(-_-;)

 

と、その前に大学病院のセカンドオピニオン

 

念のため病院へ確認したが、通常の待合室で待機するよう言われた。

別室をおねがいしたが、無理とのこと。

不安でしかない・・・

 

その日は次女がついてきてくれることになった。

なんとかパパちゃんを守らなくては。

 

 


耳が痛い人にオススメ。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パーフェクトポーション マスクスプレー 4本セット
価格:6380円(税込、送料別) (2020/9/16時点)


気分転換やプレゼントにも♬