癌と共に~フーテンのパパちゃん~

大好きな父が癌になりました。クジラを見に行く日を夢見て。

胃がん~手術に向けて~

胃がんはめずらしくない

そして全摘出もめずらしくない

f:id:hikaru-ko:20200503230154j:plain

少々時間がもどります

-2018年 5月-

 

医者から告げられたパパちゃんの胃がん

 

おそらく急激にできたものではなく

何年か、かかっているらしい。

 

それでもかなりの大きさと進行性の胃がんであること

また転移や再発を防ぐため

胃は全部摘出とのことになった。

 

出来ている箇所や大きさにもよるが

全摘出はそう珍しくないようだ。

 

胃に替わるものをこしらえるのかとも思ったが

そうでもなく

カンタンに言うと

食道⇒胃⇒十二指腸 が

食道⇒十二指腸 と

ダイレクトになるらしい。

 

え、マジ?というのが率直な感想。

 

ご飯食べれるんでしょうか・・・

と心配したが

「心配いりませんよ」とアッサリとした返事。

いや、お医者さんからみれば心配なくても

こっちは心配だよ(´;ω;`)

 

それでも術後は、一定期間食事の調整がある事

また体重の減少はある程度仕方がないこと

また手術そのものよりも

心臓が悪いためそちらの方を懸念されていた。

 

出血や心臓への負担を考え

手術は開腹術ではなく、

全身麻酔で腹腔鏡手術の予定とのこと。

でも心不全を起こした場合は

即時開腹術へ切り替えるらしい。

時間をかけたら危険度が増すからだ。

そのため、外科に加え循環器対応の先生も

ついてくださるとのことだった。

 

心筋梗塞は過去複数回起こし

カテーテル術は何度も経験してきたが

癌の手術はもちろん初めてで

不安はどうしても尽きなかった。

 

それでも緊急入院後

出血も止まり、体調も落ち着いたため

1週間ほどで退院することになった。

ただし心機能は低下していたため

なんとかその日まで、

何事もないことを祈るしかなかった。

 

 

手術は最短で6月末の予定に。

次男の中体連大会前日だった。