癌と共に~フーテンのパパちゃん~

大好きな父が癌になりました。クジラを見に行く日を夢見て。

在宅看護~しんどい~

体調は変わらず

 

「俺はやっぱり癌だもんな」

言葉がつきささる

f:id:hikaru-ko:20200502145553j:plain

-2020年 5月初旬-

病院で輸血をしてもらい

体のきつさが取れるだろうと

楽観視していた。

 

 

・・・・・・まったくもって変わらない。

 

 

そんなに甘くはないのは

分かってはいたつもりだが

現実の壁はかなり高くなっていた。

 

当のパパちゃんが一番期待していただけに

変わらない状態に落胆していた。

 

「俺は、やっぱり癌だもんな」

ふいに言われてドキッとした。

 

抗がん剤はきついので止めれて良かった、

くらいの認識しかないだろう。

 

どこかの箇所が痛い、というのがないだけ

まだいいのだろうが

常時ずっと体がきついというのも

精神的にかなり参っているようだった。

 

「このまま終わりたくはないなぁ」

なんとか気力だけでも取り戻さなければ。

 

いつもパパちゃんんが座るリビングの席に

皆で行った釣りの時の写真を入れた。

皆に囲まれて破顔一笑のパパちゃんが真ん中にいる。

 

もう1回、釣りに行こう。

海に行こう。

おでかけしよう。

 

前向きな目標ができるように

考えた苦肉の策だった。