癌と共に~フーテンのパパちゃん~

大好きな父が癌になりました。クジラを見に行く日を夢見て🌈

胃がんからの旅立ち~葬儀社スタッフの心配り~

冠婚葬祭

人生のセレモニー

 

結婚式なら指折り数えて

お葬式はある日突然にやってくる

f:id:hikaru-ko:20210112154703j:plain

私がパパちゃんの家族葬でしみじみ思った事

 

葬儀社によってもちろんカラーも違う

そして担当者によってこれまた随分と変わってくる

 

慌てることがないようにと

葬儀社についてはパンフを取り寄せたりメールで照会したりもしたが

実際足を運んで見学したところもかなりある。

全部合わせるとおそらく20社以上はある。

 

今はネットで見積もり照会なども出来るが、やはり訪問するのがもちろんいい

訪問、来店の方が葬儀社の雰囲気、スタッフの対応などもわかるうえ、収容人数やホール、控室等々自分の目で確認できる。

 

写真なども撮ってOKな所がほとんど。

特に控室など家族が長時間過ごすことになるところは大事だと思う。

 

あちこちに伺う中で、事前予約がほとんど。

ま-そりゃそうだ。

大体お葬式自体が予測がつかず、「じゃ、この日で♬」などと予定が組めない。

葬儀社もスタッフもその緊急時に合わせてスタンバイされる。

 

考えてみれば大変なお仕事だ。

土日休みだの言ってられない。

 

突発的な葬儀(お仕事)に対応されるのだから、普段は閉館されて予約して訪問するか、受付の方だけいるところがほとんど。

それでも行くと大抵中を見せてもらえるし、見積もりや葬儀社のサービスなどは教えてくれる。

 

私は空き時間を見つけては買い物の合間に見て廻ることが多かった。

いろんなスタッフさんや葬儀屋さんとお話させてもらったが、どうも男女間で大きな差がある。

 

男性スタッフは喪主という男性立場からの目線だろうが、大きめの規模や祭壇、豪華な棺やセレモニー等、見た目重視で押してくる。

女性スタッフはやはり飲食や来客への対応、段取りや配置等、裏方で動く目線でアドバイスしてくださる。

 

男だ、女だ、というと今のご時世問題になってしまうが

私自身は色んな所を見て廻る中でそれをすごく感じた。

それがダメ、という訳ではなく、それぞれに合ったプランナーを見つけられたらいいと思う。

 

私たちは見た目重視よりも、静かな小規模のお別れを望んだ。

もちろんたくさんの経験の中から、いろんなアドバイスをしていただけるのは有難い。

だがこちらの意向を否定したり、自分の考え方を押し付けたりするのはいかがなものだろう。

一つには私がまだピチピチのアラフィフで若いからだろう🐣

「いやいや、やっぱりこうでないと」と押し付けてくる葬儀社(特にオッサン)が結構いた。

 

事前に下見に行ったからとて、保険や車のようにしつこく勧誘は来ないから安心していい。『その後どうですか~』なんて言ってくるところがあれば、そこは間違いなくアウトだ。

心配であれば「親にはナイショなので連絡はしないで」と言えば了承してくれる。

ネットでのパンフ取り寄せも、「分からないように」と備考欄へ入れれば、葬儀社と分からないように資料を送ってくれる。

 

いざとなってからは、本当に本当に慌てる。

そして不要なものを上乗せされて、高額になる。

良い葬儀社、良いスタッフとご縁を作っておくのはすごく大事。

f:id:hikaru-ko:20210112165622j:plain

だって絶対利用するもの

 

いろんな葬儀社へ自分の希望や見積もりを依頼する中で、遠方の親族が来た場合に宿泊するホテルの案内や、バインダーにきちんと入れられたファイルを送ってきてくれたのは、パパちゃんを見送った葬儀社だけだった。

そして葬儀の種類も詳細まできちんと紹介してあった。献花や精進料理も内容と金額まで。

以外にないのですよ。どこもお任せプランのようにしてあって選べないし金額の詳細がない。

 

最初からとても好感が持てた。

そして実際相談に伺って対応してくださった女性スタッフで、ここに決めた。

 

ただあらかじめプランを決めていたものの、一部伝わっておらず当日来た男性スタッフと少々モメはしましたが。

それでもその方も、その後葬儀に関しては一生懸命で、四十九日忌前にはお花を届けてくれたりと良くしてくれました。

 

女性スタッフの方とは、その後も葬儀代の支払いや、返礼品の手配や追加、初盆に関しての相談など、いつも気持ちよく対応してくれました。

その中で『何か気になったことはありませんか?』と聞かれ

「家から斎場へ向かう時ですね、棺に入れますかと聞かれてビックリしました」と正直に話した。

www.hikaru-ko.xyz

 すると『すみません!そうですよね、私たちにとっては当たり前になりすぎて、分からなくなっていたと思います。ありがとうございます、今後気をつけるようにします』と言われた。

 

そして朝食のサービスが本当に美味しかったことを伝えた。

『喜んでいただけて良かった~。作ってくれているの、私の友人なんです』と。

聞けばご遺族が泊まられた後片付けていると、大体決まってコンビニのおにぎりやレトルトのお味噌汁のごみが台所に残っているそうだ。葬儀で大変な中食事もままならず、せめて温かいご飯とお味噌汁をと、料理店を経営する友人に相談したところ、快く引き受けてくださったとのことだった。

『ホント、ご飯とお味噌汁だけの簡単なものなんですが』と恐縮されたが、優しさと思いやりが感じられて、本当に嬉しかったですと重ねてお礼を言った。

f:id:hikaru-ko:20210112165421j:plain

しかも無料でサービスとか。泣ける。

 

「姉も申し込んでいきましたが、私の時もぜひここで」というと

『嬉しいですが、お待ちしてますとも言えませんし・・・』と苦笑されていた。

一日葬

もうちょい、今風にしてもいいかな🌸

子ども達には、すぐ隣にある関連のホールを教えておいた。

 

母の時もここでしてねと伝えてある。

じいちゃんのように。

仰々しいこともいらない。シンプルに。

何もいらないから、私は大好きな人たちと、しばしの別れをゆっくり惜しみたいんだ。

 

胃がんからの旅立ち~本音のお付き合い~

親身になってくれる人

 

血縁がある、ないに関わらず

 

その人の人間性がよくわかる

f:id:hikaru-ko:20210109052844j:plain

冠婚葬祭には親戚がからんでくるもの。

 

母方の家は、亡くなってから疎遠になっていた。

それでも離縁した父のことまで心配してくれるような人たち。
www.hikaru-ko.xyz

 とてもとても温かい。

 

そして父方の親族は、これまたみんなオモシロイ。

 

パパちゃんのお兄さんも今は離れて独りで暮らしている。

もう一人のお兄さんは早くに亡くなったが、義姉である叔母は一番親身になり、何かと世話になった。

父の郷の人たちはもう言葉に尽くせないほど、人がいい。

七福神の集まりかと思うほど、皆穏やかでニコニコと笑顔が絶えない。

f:id:hikaru-ko:20210111151632j:plain

言葉も、雰囲気も、すべてがホワホワしている。

叔母も、従兄もみな優しすぎる人達。

 

父が初めて母を連れて行った時の話を聞いたことがある。

父は下戸だが、亡くなったお兄さんはお酒が大好きでとても陽気な人。

すっかり気をよくした母は調子に乗ってお酒を飲み、なんと大の字になって寝てしまったらしい・・・

さすがに父が血の気が引いたと言っていた💧

 

それでも叔母は『あらあら、よほど嬉しかったのねぇ』と優しく布団をかけてくれたらしい。

実家を頼ることなく一人で身を立ててきた母を思ってか、

怒ることもけなすこともイヤミを言うこともなく、変わらず接してくれたのだとか。

 

プライドはエベレストよりも高く気の強い母が、心底叔母のことは慕っていた。

父の郷へ行くことを誰よりも楽しみにしていたのは、母だったように思う。

 

叔母の優しさと誠意が、母を丸ごと包んでくれていた。

 

f:id:hikaru-ko:20210111160306j:plain

その子ども達である従兄もまた、皆面白く優しい人たちだ。

 

今でこそみんな割合悠々自適に暮らしている。

それでも生活が困窮しているときでも、パパちゃんが経済的に大変な時になけなしのお金を送ってくれた。

決して裕福ではなかったけれど、それでも困った時には全力で助けてくれる人ばかりだった。

そしてまたパパちゃんも、自分に出来る精いっぱいを尽くす人だった。

 

 

それが当たり前だと思っていた。

 

 

ところがどっこい。

嫁いでみればこちらの親族間はトラブルばかりだった。

ハッキリ言って皆仲が悪い。

表面上はニコニコしていても、居なくなったとたんに平気で悪口を言う。

それもほぼ全員。

派閥のグループ化が歴然とあり、学歴や仕事でマウントを取り合うバカな人達が多かった。それも叔父、叔母ばかりでなく従兄妹間までさりげなく年収を探り合う、そんな感じだった。

 

f:id:hikaru-ko:20210111155926p:plain

マジこええ。

 

一つには、お金が絡んでいるからだろうが。

本家の祖父母が亡くなってから、相続や土地でもめにもめていた。

我が家はもめるような資産すらない。

それだから仲がいいのかもしれないけど。

下手にお金があって、トラブルになるよりよほどいいと思う。

 

 

遺産も何もないパパちゃんだったが

大切な人のつながりを、私たちに残していってくれた。

それが何よりも嬉しかった。

 

胃がんからの旅立ち~香典返しへの催促~

大変な時こそ人の気持ちがわかる

 

一生付き合える人

今世も来世もご遠慮したい人

f:id:hikaru-ko:20210108165952j:plain

 ~逝去後 2週間~

 

パパちゃんを家族葬で見送った私たち。

コロナのこともあり親しい人にも参列はご遠慮いただいていたが、中にはご香典を送ってくださる方もいた。

嬉しいのは皆さんお手紙をつけてくださっていること。

 

私の一番古い親友は、幼い頃のパパちゃんとの想い出を書き綴ってくれていた。

その親友のお母さんからも、励ましのお手紙を頂いた。

長女と仕事が以前一緒だった方からも、心温まるお手紙がついていた。

 

それぞれにお礼を兼ねてお電話を入れさせてもらった。

 

辛いときに人の気持ちに寄り添ってくれる、素晴らしい人たち。

もう皆さんとは、長年会っていない。

パパちゃんに至ってはなおさらだ。

でも私たちの側にはいつもパパちゃんがいた。

なので三姉妹+パパちゃんで覚えていてくださる方達もたくさんいた。

 

そして結びにお返しはいらないからね、とさりげなく気を使ってくれる人達。

頭が下がる思いと、私もこうありたいと強く思った。

 

またパパちゃん側の親族からも、お返しはいらないからねと声をかけて頂いた。

遠方の親族などからも『送ってくるなら住所は教えない』とまで言われた。

その気持ちが、有難かった。

 

本来ならばそれでも送るのだろうが、私たちの親族に限り今回は甘えることにした。

それでも陰で文句を言う人がいないくらい、私たちは親族に恵まれていた。

それどころか、みんな私たち姉妹を本気で心配してくれていた。

 

 

その一方で

『お返しは用意してるのかと心配している』と主人から。

もちろん義親から探りが入った模様。

「大丈夫、全員分選んであるから」

すると信じられないことを言われた。

『あのさ、うち(義親)へのお返し、商品券がいいって言ってんだけど』

 


・・・はい( ゚Д゚)???

 

商品券?ギフト券?金券ってこと???

 

f:id:hikaru-ko:20210110161900j:plain

どうも信じられなくて姉たちへ話すと

『お金で返してってある意味すごいね!斬新だよw

と呆れるを通り越して笑っていた。

 

いやそれホント。その発想はなかったよ。

 

「悪いけど、もう頼んであるから。」

そういうと主人も『あ、頼んであるならいいよ。心配してたからさ』

アンタも大概だよ(-"-)

 

それでも、もしかしたら私が知らないだけかもと、一応申し込みの際に葬儀社のスタッフに確認を入れた。

『えぇ⁉いや、香典のお返しで商品券はナイと思いますが・・・一度だけ遠方にお住まいのお孫さんへの返礼で、まだお若いのでとクオカードをご準備されたことはありますが。ダメとは言いませんが年配の方にはお叱りを受けるのでいかがかと・・・』

「いや、年配の方です・・・」

『あら、あら、それは・・・・』

お互い苦笑いをしながら

「ナシで」

 

せっかく選んだ昆布にも物言いがつきそうだなと憂鬱になりながら

四十九日忌の返礼品の注文内容と、その際に付ける熨斗の名前は喪主である私の名前にし、あわせて礼状の文面も一緒に確認し、2日前にうちへ郵送してもらうことでひとまず安心した。

 

道のりは、まだまだ長い。

  

胃がんからの旅立ち~香典返しの準備~

気持ちにお返しを

 

せっかくならば

喜んでくれるものをと

あれこれ思いを巡らす

f:id:hikaru-ko:20210108051033j:plain

~逝去後10日~

初七日も無事に終え、次に来るのは四十九日忌。

仕事関係、縁故関係などご香典を多く包んで頂いた方へ返礼品を用意しなくてはいけない。

葬儀会社から返礼品のパンフレットをもらう。

またはどこで聞きつけたのか、違う葬儀会社からご案内がくることもある。

他にもネットでも取り扱いが豊富。

カタログもあるが、金額ごとにいろんなジャンルから選べるのでとても便利だ。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

井桁堂 スティックケーキギフト 20本入 (-K2018-408-) (t0) ...
価格:3223円(税込、送料別) (2021/1/8時点)

楽天で購入

 

だがいまさら他所へは面倒なのと、依頼や追加変更の際、また包装が統一されていることなどから、そのまま葬儀社へ依頼することにした。

そして葬儀社からの手配の場合は、割引になることが多い。

 

事前に芳名帳は整理して、ご香典を頂いた方と金額は確認していた。

(記憶が混在するので出来れば葬儀後すぐがベストかと)

 

仏事のお返しは基本頂いた額の半額~1/3程度が目安。なくなるもの、消耗品が良いとされている。

お茶やコーヒー、お菓子類や乾物などの食べ物や《悲しみを拭う》という意味合いからもタオルなどが好まれるようだ。

姉たちとも相談し、あまりあれこれと品を分けると分からなくなるので、主人の親族関係は無難にお茶をメインに選んだ。

 

あと友人等近しい人たちには、個包装の紀州南高梅に。

美味しいけど自分ではなかなか買わないですもんね。

 

主人の親族関係にも半額以上で用意した。

後々『あそこからは何々をもらった』等、情報共有されるのが常なので。

⤴これは斎場の担当者からも言われました。

年配の方、特に地方にお住まいの方は、葬儀の内容は忘れてもお返しの内容は覚えていて後々まで言われることが多いと。

迷ったら少々お高くても良いものを返しておいた方が安心できますよ、と。

 

お返しがダブる義実家。

義兄には他の親族と同じ煎茶の詰め合わせにしたが、さて義親にはどうしたものか。

持病があり食べ物のは気を使う。考えた末、北海道産の昆布にした。

御出汁って良いものは結構高い。でもやはり美味しいものは嬉しい。

食事の制限にも問題ないし木箱に入ってて見た目も良い。

 

これでも気を使っているのだが。

 

後日、義親からまたもや信じられないことを言われる。

f:id:hikaru-ko:20210108094519j:plain



胃がんからの旅立ち~四十九日までの道のり~

初七日の次は四十九日忌

法要はすぐにやってくる

f:id:hikaru-ko:20210105115630j:plain

七日目に三途の川に到着した故人は

それから七日ごとにいろんなお釈迦様から勉強と試験と面接を受け

そして最後四十九日目に審判が下る。

f:id:hikaru-ko:20210105120347j:plain

こんなナイスガイなお釈迦様おらんて

 

 

その間魂はこの世とあの世の境をさまよってるそうな

 

そんでもって故人があの世で試練をクリアできるように

地上部隊(ご遺族)は七日ごとにお坊様にお経をあげてもらって応援する、というのが一般的。

 

私はお嫁に来てから本家の祖母の葬儀にフル参加したことがある。

仮通夜、本通夜、葬儀、精進揚げ、初七日忌法要、ひと七日法要、ふた七日法要・・(これが✖7回続く)、四十九日忌法要、一周忌法要。

その際にお願いした地元でも大きなお寺のお坊様。

しゃなり、しゃなりとご立派なのだが、法要の度に話す説法がなんとも意味不明。

七日ごとに法事があるのでだんだんネタ切れしてきて、最後の方は何やら書いてあるプリントを渡してくるわ、最後の日は()書きのテスト問題になっていた。

そして法事の度の飲酒がひどい。一応お坊様の分のお膳も用意してあるのだけれど、四十九日忌の時は酔った挙句故人用にお供えしているお膳を「じゃま」といって横にどけていたのには親戚一同ドン引きした。

さすがに一周忌では会食の席に呼ばなかったのだが、行く気満々だったお坊様は『バチあたりめ』と言い残していった。

 

私が故人なら浮かばれない

 

でもでも中には良いお坊様もたくさんいらっしゃる。

普段から檀家を大切にしていたり、生前から懇意にしてくださっている方などは別だろう。

今は地域のボランティア活動や、このコロナ禍の中地元の飲食店のために奮闘しておられる方もいる。

 

だけれど、高名なお坊様にたくさんお布施を包んだら成仏OK!ていうのはいかがなものだろう

 

葬儀の際の読経もお布施のランクによって違うというのも疑問。

 

そして葬儀の時に頂く白木の位牌。

生前のお名前(俗名ともいう)から、成仏するためには戒名が必要と言われる。

四十九日忌へのタイミングで本位牌まで作成しなくてはいけない。

ソース画像を表示

この《戒名》さえも

通常の2文字+道号位号など、お寺とのつながりや社会的地位で組み合わせてるが、お布施の額によって文字数や位号のランクが変わってくるのはオカシイ。

 

どうしてもというならば、今は《生前戒名》というのもある。

minnshu.com

こちらの方がまだ納得できるし、本来の道義にかなっているように思える。

 

区切りも儀礼も大事だと思う。

そしてお坊様も勉強し修行も積んでいるでしょうが、もちろん生活だって懸かってる。

でも故人を敬い、成仏を願う、それならば

金額に違いがあってはいけないんじゃないの???

 

 

親が愛情を、願いを、想いを込めてつけてくれた名前

私はそれを大切に胸を張ってあの世まで持っていく。

 

胃がんからの旅立ち~初七日、早っ。~

産まれて七日目は【お七夜

亡くなって七日目は【初七日】

 

ラッキーセブン、なのか(;・∀・)

f:id:hikaru-ko:20210105104838j:plain

~逝去後7日目~

あっという間にもう一週間。

祭壇のお花も、まだきれいに咲いている。

 

法要は11時からだが、姉たちは早めに到着。

長女がケンタッキーを、サンドイッチは次女が色んな種類をそれぞれ買ってきてくれた。

 

そして寿司屋にお願いしていた折詰(義父母用)も間に合った。

 

そうこうしている間に義父母もやってきた。

予想はしていたがやはり床に座るのは嫌だという。

f:id:hikaru-ko:20210105114158j:plain

『足が痛いから』

他所ではちゃんと正座してるけどねぇ⁉

 

 

パパちゃんより目線が下がるのがイヤなんだろな。

まぁまぁそんなこったろうと思っていたのでイスをすぐに用意した。

 

時間になったので、『それでは始めます』と言ってパパちゃんのお部屋にみんな座ってもらう。隣に続くリビングに義母とイスに座った義父

 

読経、スタート🎵

焼香用の香炉も事前に手配OK。抜かりはない。

読経しながら私、姉たちと順々に廻してもらう。

 

ひとしきり廻ったところで終了。

15分。チーン。鬼早w

 

密はいかんからね。

 

それから初七日のお礼と挨拶をしたのだが

 

瞬間、目が合った義父母。

あんなに冷たい目をする人を私は見たことがない。

見下げるような、情のかけらもないような表情。

 

葬儀の時のことを根に持ってるのと

仏事を高名な僧侶にお願いせず私たちでしていることへの軽蔑なのか

 

なんにせよ

私が嫁に来て初めてみた義父母の本当の顔だった

 

おうおう

そっちがその気なら構わんよ

 

わざとニッコリ♥笑って深々と頭を下げた。

 

 

それから『お茶を一杯くれ』と言うのでお茶を出す。

姉たちも普段なら話しかけたりするのだが、ほぼほぼ知らん顔。

いつもは口もきかない主人が会話をするも続かず。

仕方なく孫たちへ話しかけるが、子どもたちも塩対応。

 

頃合いを見計らって、折り詰めを渡した。

「コロナのこともあるからお持ち帰りにしました、どうぞ」

『あらあら、いいのに。・・・で、これどこの?』

もう苦笑するしかない。

「お寿司屋さんのです。揚げ物でなく煮魚にしてるからお義父さんも食べられます」

そう言って渡すと『ふーん』

そしてなぜか主人が付き添って帰って行った。

まぁ外でなんか言ってんだろな。

 

とりあえず帰らせると一同から笑顔。

私も着替えて(喪主なんで一応喪服)みんなでご飯タイム。

 

ケンタもサンドイッチも美味しかった!

これでピザとケーキがあれば間違いなく

初七日ではなくクリスマスパーティーだ(笑)

 

ただ息子たちの食欲があまりに旺盛で💦

次回はお弁当を頼もうということになった(;'∀')

 

 

パパちゃんのいないお正月

ようこそ2021

 

みんなが幸せでありますように

f:id:hikaru-ko:20210105094526j:plain

普段は激務の中迎えるお正月も今年はのんびりと。

 

喪中はがきも早々と送り

寒波がくるというので年末の大掃除も一人で済ませてしまった。

 

最後にお仏壇にワックスをかけながら

去年まではパパちゃんがしてたんだなぁとしみじみ思い返していた。

 

 

 

毎年なぜか大晦日の晩に義兄が飲みに来るのが恒例化していて、落ち着かない夜だったのだが。

一昨年の大晦日は主人が夜勤、子どもたちは次女の家にお泊りだったので、パパちゃんと二人のんびりと過ごせた。

 

ギリギリまで仕事だったのでご飯も作れず、鰻のお弁当を買ったっけ。

私はビールと馬刺しとサラダ。

二人でご飯を食べて、紅白を見た。

『こりゃ誰かい。いっちょんわからんw』

中国でのコロナのニュースを見ながら

『こわいねぇ・・・日本にもくるのかなぁ』なんて話して。

そしてジャニーズを見ながらカウントダウンをした。

f:id:hikaru-ko:20210105100031j:plain

『今年もよろしくな』

そう言って笑っていたパパちゃん

 

年末ギリギリまで心臓の方も不調で入院していたのを理由に

初めて義実家への新年参りをやめたので、心からホッとしていた。

 

初めて元旦から次女の家に行き、みんなでお正月のお祝いしたね。

ずっと行きたがっていた新年の参賀もみんなで行けたね。

 

パパちゃんにとっては例年にない『いいお正月』に

なぜだろう

私はとても不安な気持ちがしていた

 

 

 

みんなで過ごせた、最後のお正月

 

 

 

次女の家で出てくるカニを美味しそうに食べていたパパちゃん

 

 

今年も、カニ鍋にしたよ

 

次男がお盆に乗せて、持っていく。

「漬物、つけもの、忘れたらいかん」そう言ってたくわんを付け足してw

 

『なんだ、これは!カニじゃないかぁ♬』

嬉しそうなパパちゃんの声が聞こえてきた

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

今夜23:59まで楽天カードでP5倍!\3箱購入で1箱タダ★5,400円OFFク...
価格:5400円(税込、送料無料) (2021/1/5時点)

楽天で購入