癌と共に~フーテンのパパちゃん~

大好きな父が癌になりました。クジラを見に行く日を夢見て。

胃がん~リハビリ生活~

リハビリの病院での生活は

快適なようだ

 

頑張って早くおうちに帰ろうね

f:id:hikaru-ko:20200509212705j:plain

-2018年 7月中旬-

リハビリの病院は、庭のお花の手入れも行き届いていて

とても気分が良い。

待合室も、ホテルのようだ。

 

スタッフの食堂も充実していて

病院の力の入れようが感じられる。

 

またここの病院にしたのには、

もう一つ理由が。

 

20年ほど前から心臓を悪くしていたパパちゃんは

幾度となくピンチに陥った。

そのたびに助けてもらったドクターが

定年退職後、この病院に移動されたと聞いていたから。

 

やはり知っている先生がいるのは心強い。

 

パパちゃんが入院した日も

わざわざ病室まで挨拶に来てくださったらしい。

有難い。

 

また病室も個室で内心冷や汗ものだったが

病院の方から希望の大部屋が空いていないので、

とのことで追加料金がかからずホッとした。

 

またこの病院はリハビリ施設が、かなり充実していた。

子ども達を連れて、リハビリの様子も見せてもらった。

体育館を思わせる広いところで

たくさんの運動器具があり、

また担当の理学療法士さんがベテランさんなのもあり

パパちゃんもめっちゃリハビリをがんばっていた。

 

おかげで体重は減少したものの

筋力はある程度キープでき、体調はすこぶるよかった。

 

途中美容師さんに部屋で散髪もしてもらい

ご機嫌だった。

 

この年は例年にない猛暑で

お見舞いに行く私たちのほうが、参ってしまいそうだった。

 

長女は特に体が弱いため、自分の体調を最優先してもらい

それでもお見舞いの時は、

パパちゃんの好きなものを作って持ってきてくれた。

 

次女は何度も来てくれ、1度は病院で待ち合わせて

その後子どもたちをプールに連れて行ったりもした。

 

忙しいけれど、みんな笑顔で

楽しい日々を送れていた。