癌と共に~フーテンのパパちゃん~

大好きな父が癌になりました。クジラを見に行く日を夢見て。

胃がん~突然の下血~

昔から心臓は悪かった

 

だから「癌」にはならない

バカな思い込み

f:id:hikaru-ko:20200409001134j:plain

-2018年 5月-

 

仕事から帰ろうとする私に

長男から電話が。

 

「お母さん、じいちゃんの様子が変だよ。

早く帰ってきて」

 

すでに車に乗っていた私は猛スピードで自宅へ。

 

すると部屋にうずくまる父と真っ黒な絨毯。

隣には、下血と汚物まみれの床を

一生懸命片付けている長男の姿が。

 

下血していた父に長男が気づき

お風呂場できれいに洗ってから、着替えさせてくれていた。

 

「早く病院行って!あとは俺が片付ける」

子どもに心底感謝した。

 

この時まだ私たちは下血してると気づいていなかった。

 

車で連れて行こうと手を握ると

ギョッとするほど手が冷たい。

 

貧血も起こしていた。

 

ひとまず近くで心臓も長年診てもらっている

かかりつけの先生の元へ。

 

先生は父の容態をざっと診て、血中の酸素濃度を測ると

「下血だね。極度の貧血。原因は分からない。

かなり良くないから、即救急外来の病院行って」

 

え?え?心臓じゃないの?

あわててきたので、何も持ってきていない。

せめて保険証を取りに戻ります、というと

「じゃ救急車家に手配するから」

 

本当に本当におかしな話だが

我が家はド田舎に住んでいて

救急車なんて来ようものなら

あらゆる人が詰めかけてくる地域だ。

 

その中には100%義両親がいる。

絶対無理。

 

「すみません、先生救急車は呼ばないで」

先生も状況が分かるらしく

「分かった。その代わり5分で家出て。病院側には伝えておく」

 

いつもはのんびりしていて

ゆ~っく~りしか動かない、話さない先生なのだが

猛スピードで動き

看護師さんに指示を出していた。

 

だからこの先生は頼れる。

いざって時別人になるのだ。

 

この先生に、何度も助けていただいた。

 

父を車にのせたまま

とにかく保険証とお薬手帳と薬とパジャマと眼鏡だけ

つかんで病院へ捕まらないギリの速度で走った。

 

途中信号待ちの時に姉たちにラインをうつ。

「パパ 下血

緊急で今からSびょういんへむかう」

 

「意識ははっきりしてる

でも先生曰く重度の貧血

下血の原因分からない」

 

「これるひと

印鑑持ってきて

輸血もせなん」

 

そう、私は肝心の印鑑を忘れていた・・・

 

お姉ちゃん、来て-(´;ω;`)