癌と共に~フーテンのパパちゃん~

大好きな父が癌になりました。クジラを見に行く日を夢見て。

在宅看護~男はつらいよ~

私生まれも育ちも葛飾柴又・・・

 

これを見るとお正月を思い出す

f:id:hikaru-ko:20200430200003j:plain

-2020年 4月下旬-

退院してから

なるだけ朝昼晩と

メリハリある生活を心がけた。

 

体がきついため

どうしても横になりがちだが

昼間に眠りすぎると、夜が眠れなくなってしまう。

 

またあまり寝てばかりいると

その状態に体が慣れてしまう。

 

 

どうしよう。

 

リハビリができればよいが

まだそこまでの元気は戻っていない。

 

考えた末、映画鑑賞をすることにした。

 

パパちゃんが好きで

笑って元気がでて

たくさん見れるもの。

 

そうだ!「男はつらいよ」だ!

 

渥美清さん主演の日本の名作。

笑って泣けてほろりとくる、

そして何より映画版は48作品ある。

 

1日1本見ても48日。

こりゃあいい。

 

なんとなくだが

先まで約束されているような気がして

少しだけホッとしている自分がいた。

 

 

5作品借りて帰ると

パパちゃんが目を丸くしていた。

 

一緒に並んで「男はつらいよ」を

1作目から見た。

 

あのお馴染みの音楽

寅さんの口上

おいちゃん、おばちゃんに

さくらに博、御前様にタコ社長

 

懐かしくて私のほうがハマってみていた(笑)

 

改めて見ると

今の時代だと何かとアウトな表現があり

冒頭でお断りが入っている。

 

それでも

何も考えず

無茶苦茶ばかりの寅さんに

ハラハラさせられながらも

こんな風に自由に生きれたらどんなにいいだろうと

誰もが思ってしまうのだろう

 

形式ばったことが苦手で

自由人な寅さんは

パパちゃんそのものだった。

 

あんなにアウトローではないが(笑)

 

 

「笑う」ことは

免疫力も上げると言われている。

 

半ば強引だが

笑うこと

やりたいこと

行きたいところ

会いたい人

を目標にしていければ、と思う

 

「生きてる?そら結構だ。」

寅さんの言葉が勇気をくれる。