癌と共に~フーテンのパパちゃん~

大好きな父が癌になりました。クジラを見に行く日を夢見て。

胃がんからの在宅看護~輸血とオキシトシン~

「もう一度元気になりたいなぁ」

 

「普通に歩きたいなぁ」

 

私につかまるほっそりとした腕

f:id:hikaru-ko:20201015082505j:plain

-2020年 皐月-

緩和ケアの外来受診の時に

やはりきつさが取れないため

輸血をしてみよう、ということになった。

 

手術や緊急時でなくても

輸血ってできるんだ

 

ちょっと驚きだった。

 

胃を全摘出してからは

貧血気味だったパパちゃん。

食事も全くとれない訳ではないが

ずっとだるくてしんどそう。

 

癌に限らず病状の進行に伴って体力が消耗されていく

【悪疫質】という状態が続いていた。

 

身体に送られるべき栄養を癌細胞が吸収してしまい

結果、体力や筋力が維持できず

栄養も足りなくなり、体重も減少していく。

 

まだこの頃は退院時より体重が増えたりしていたので

そこまで悪化してると思っていなかった。

 

でも夜になると眠れず

毎晩きついきついとうなるパパちゃん。

 

隣で寝ていたので

そのたびに「きついよね、しんどいよね」

と言いながら、肩や背中をずっとさすっていた。

 

どうしていいのかわからず

それしかできない自分が歯がゆい。

 

でも不思議としばらくすると

「ん、だいぶ良くなった」と言うので

毎回(・・❔と思っていた。

 

後で知ったのだが

体をさすったりマッサージをすることで

オキシトシンが分泌されるそうだ。

 

今は《ハッピーホルモン》とも言われてるらしい。

 

親しい人と触れ合ったりすることで

脳内に分泌されるホルモン。

幸福感を感じるだけでなく

ストレスや痛み、不安や恐怖心の減少、

認知症の緩和やダイエットにも効果あり。

 

すげーな、オキシトシン

 

ケアとしてもちゃんと意味があり、

分泌されると2~3時間は効果が継続するとのこと。

 

良かった

痛みが和らいでいたのも、気のせいじゃなかったんだ

 

 

良くある方法には”ハグ””握手””マッサージ”があるらしいが

このコロナ禍の中はちょっと考えてしまう💦

 

でもこのオキシトシン

相手を思う行動や電話でも出てくれる!

素晴らしいぞ✨

 

 

入院中、長女が電話を掛けたり

次女が病院の駐車場から窓越しに手を振ったり

 

そんなたくさんの優しさの詰まったオキシトシン

パパちゃんは日々を頑張りぬいていた。