癌と共に~フーテンのパパちゃん~

大好きな父が癌になりました。クジラを見に行く日を夢見て。

胃がん~経過順調♪…と思ったら~

人間の体は不思議

 

胃がなくても食事ができる

すごいなぁ

f:id:hikaru-ko:20200505092320j:plain

-2018年 6月末-

術後、次の日には一般病棟へ移ったとの連絡があった。

 

最初は点滴のみ、3日日から口から水分が取れるようになり

5日目の栄養指導を、次女が一緒に受けてくれた。

 

栄養士さんから、食べるのに好ましい食材に
「エビ・カニ」と言われ、
パパちゃんハイテンションだったらしい(笑)
 

 

その後、食事が開始された。

初メニューは

・3分がゆ

・そうめんの吸い物

白身魚のあんかけ

・白和え

・桃

 

盛りだくさんやないかい(*^-^*)

 
ぺろりときれいに食べたらしい。
美味しかっただろう。
 
その後ジャンジャン食事のペースが上がり
3日目には白米になっていた。
・・・ちょ、早くない?
 
看護師さんにも言ったが、
「経過が順調なので」の一言。
 
大丈夫かいなという心配の中、
救急指定病院のため、療養期は別の病院へ転院せねばならず
次の病院を急いで決めてくださいと言われた。
 
こちらも事前に調べていて、
3つほど候補を出して伝えていたのだが、
看護師とソーシャルワーカーの連携がとにかく悪い。
いつまでたっても、受け入れの確認が取れず
とても困った。
 
そうこうしてる間に
パパちゃん38度の熱発。
 
転院どころではない。
 
やはり食事のペースが早すぎたことで
軽い肺炎を起こしていた。
 
言わんこっちゃねぇ(# ゚Д゚)
 
 
そして会社からは
いつ休むのか日にちを決めろと毎日言われ
体調次第で病院が日程を決めるので、と話しても
ため息をつかれる毎日。
 
毎日残業続きで、お見舞いにも行けなかった。
 
パパちゃんから
「今日はきますか」と
SMSが来る。
 
「ごめん」と返信しながら
泣きたくなった。