癌と共に~フーテンのパパちゃん~

大好きな父が癌になりました。クジラを見に行く日を夢見て。

胃がん~転移なし~

ずっと心配だったがんの転移

結果を聞くまでは

本人も家族も不安でたまらない

f:id:hikaru-ko:20200512051224j:plain

-2018年 7月下旬-

途中リハビリの病院から

外出許可をもらい、

手術をした総合病院へ外来で行った。

 

術後の経過確認と

転移の結果を聞くため。

 

外科の先生に診てもらったが、

術後の傷の具合も良く、癒着等もないようだ。

だが続けて先生から言われたのは
「あーじゃあ次からは腫瘍内科で受診ね。
腎臓悪いから治療できるか分からんけど」
 
なんだろう、このものすごく配慮のない言葉。
手術の際の説明もかなりおおざっぱで
あまりいい印象はなかった。
 
もう一人手術直前の説明の先生は
とても丁寧に説明してもらったので
安心して踏み切ったのだが
担当医のこの先生には私だけでなく、
姉達もあまりいい感じを持っていなかった。
 
ずっと心配だった転移の結果の話もない。
 
こちらから再確認で聞くと「は?」と
あからさまに面倒くさそうな様子。
 
でも手術も終わっている。
今度ばかりは遠慮もしていられないし、
大体今後に大きく関わってくる大事なことだ。
 
まわりくどい説明ばかりで明確な答えがない。
突っ込んで再確認した。
 
周りのリンパ組織には転移が見られたので、切除済。
ステージ3という診断。
結局のところ多臓器に転移なし。 
 
・・・良かった(ノД`)・゜・。
 
心から安心した私たちに
「転移してたらそもそも手術しませんよ」
 
 
・・・そういうことをなぜに言う。
 
最後の最後まで
あまり好きになれない先生だった。
 
それでも転移がない、という先生の言葉は
何より嬉しいことだった。
急ぎ姉たちと主人に、ラインで報告。
 
皆喜んでいた。
 
病院のお昼は抜いてあったため
パパちゃんと食べて帰ることに。
 
吉野家に寄り道。
お祝い気分でうなぎを食べた♪
 
リハビリの調子も良く
術後の経過も転移も問題なし。
 
 
後日、
パパちゃん100点満点の笑顔と共に
夏の暑い午後、病院を後にし
孫たちの待つ家へと帰りました。