癌と共に~フーテンのパパちゃん~

大好きな父が癌になりました。クジラを見に行く日を夢見て。

余命~奇跡を信じて~

「3か月」

 

その具体的な数字は

あまりにも短すぎた

f:id:hikaru-ko:20200409223036j:plain

-2020年 4月-

 

父と姉と初めて行った緩和ケアセンター。

 

コロナの影響で、行く先で検温と消毒は必須。

 

面会室には担当のドクターと看護師、臨床心理士と呼ばれる方。

 

終始和やかで、温かい雰囲気に気持ちもほぐれる。

 

緩和ケアだから、もちろん抗がん剤の治療はない。

 

あくまで患者さんの痛みや不安、

Quality Of  Life (QOL)の向上、

よりよい「生き方」をめざすところ。

 

一通り説明のあと、ドクターは退出。

看護師さんに「バイタルとりますよ~」と

父が連れ出されたその間に

ドクターがそっと戻ってきた。

 

「あまり状況はよくありません」

本人を前にして言うのも、はばかられたのだろう。

 

姉のどれくらい・・・という消え入りそうな声にドクターは

個人差はあります、と前置きしたうえで

 

「3か月」と告げた。

 

あまりにも短く

あまりにも受け入れがたかった。

 

笑っているパパちゃんが

もうすぐいなくなってしまう。

 

どうしても現実味がなかった。

 

隣で姉が泣き崩れていた。

 

 

私は

受け入れることと

信じない選択を

両方心に入れた。

 

まだ、悲しむ時ではない。

 

と同時に

父の気持ちを思いやってくださったドクターに

心から感謝した。

 

さんざん今まで、心無いドクターの対応を

見てきた私からすれば

信じられない優しさだった。

 

この病院にしよう。

 

ここでなら

もう一度元気になれる。

 

人の命は本当に分からないものだ。

 

奇跡は、おこる。

 

おこしてみせる。