癌と共に~フーテンのパパちゃん~

大好きな父が癌になりました。クジラを見に行く日を夢見て。

胃がん~新しい道~

これまでの道のりを悔やむよりも

これからの未来を考えよう

 

パパちゃんにとっての最善の道を

f:id:hikaru-ko:20200918112915j:plain

-2020年 卯月-

セカンドオピニオンを受け

緩和ケアの説明を受けてから

詳細を長女にも連絡した。

 

病院については悩みどころでもあったが

スタッフをはじめ、説明してくださった担当医が良かったこと

 

それにお会いはしていないが

病院長が循環器科内科とICU担当もされていたこと

また数年前に、心不全センターも新しく出来ていたので

心臓の非常時にも対応してもらえる安心感もあった。

 

そんなこんなと

家族用の宿泊部屋もあることから

2番目の病院に決めることにした。

 

パパちゃんは、その日はあちこち連れまわしたので、

かなり疲れていたのだろう

夕飯に大好物のエビを出すと喜んで完食した後

早々に寝ていた。

 

翌日。

 

仕事から帰ってみるとニコニコ顔のパパちゃん。

 

「近所をずっと散歩してきた!!!」

 

はいぃ( ゚Д゚)???

 

なんと気分がいいからと

一人でかなりお散歩をしてきたらしい。

 

昨日までろくに歩けなかったのに💦

 

おいおい大丈夫か・・・と一瞬ヒヤッとしたが

当の本人はかなりゴキゲンな様子。

 

抗がん剤治療をSTOPすると一時的に調子が良くなるらしい。

 

それにしても極端すぎる(笑)

 

だが抗がん剤の治療をもうしなくてよい、

というのは

パパちゃんにとっては

何より嬉しい事だったのだ。

 

私たちが考えている以上に

 

 

抗がん剤を止めるタイミングについては

個々人差で色々あるのだろうが

 

高齢者の場合は、通常の生活を送ることが

難しくなるフレイル(虚弱)が一つの目安だと

感じた。

 

元気と病気の中間

[元気でなくなる]移行期の状態

 

 

元気にお散歩に行ったパパちゃんは

翌日疲れたと起きれなかった。

 

『まったくもう無理するからヽ(`Д´)ノ』 

と思わないでもないが

なんとか元気になりたいとの

パパちゃんなりの考えだったのだろう

 

運動しないと、や

頑張って食べないと、など

 

本人を思っての言葉が

かえって追い詰めることにもなる

 

グーグルさんにあれこれ聞きながら

終末期への対応を

少しづつ考える時間が増えていった